第57代活動方針

「光」

団長挨拶

​土井 康平

S__28131371.jpg

 大阪市立大学応援団のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 大阪市立大学応援団第57代団長を務めます、土井康平と申します。当団を代表致しましてご挨拶申し上げます。

 大阪市立大学応援団は、リーダー、吹奏、バトン・チアリーダーと3部で構成され、4つの活動「応援」「交流」「広報」「企画」に取り組んでおります。応援団の理念、活動内容についてはこちらからご覧ください。
 
 大阪市立大学応援団第57代では、活動方針に「光」を掲げ、
・一つの輪の中でみんなの個性が光り輝く場となるような団体へ。
・みんなが楽しめる、また愛される団体を目指し団員一人ひとりのキャンパスライフを充実した光り輝くものにする。
・メリハリをつけて活動に取り組み、人の心に光を差し込めるようなステージや応援を作り上げる。
この三つを考え方の軸とすることで、団員自らが光り輝き、応援団に関わる全ての人に光を届ける存在となるべく活動して参ります。

 大阪市立大学応援団は今変化の途上にあります。時代の変化に合わせ団体としての体質にも少しずつ変化を見せ、また消えゆくものなどもあります。私自身、これには寂しさを感じるのも事実です。しかし、その気持ちのみでこの変化を止めることをしてはいけないと考えます。ダーウィンの進化論では「種として生存し続けるには環境に適応し変化することが大切だ」とあります。確かに応援団の外見的なものは適応し変化を見せています。しかしそれに悲観するのではなく、その中でも変わらず生き続ける種の根源としての「団員としてのスピリット」に目を向けるべきではないでしょうか。私は団長としてのその「団員像」というものを一年間かけて体現し後輩たちへ託したいと思います。

  第57代として新体制が始まりましたが、この一年間がむしゃらに全力で取り組み、更なる成長を果たしていきます。